×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ルイ・ヴィトン(Louis VUITTON)は



>>ヴィトンの財布についてもっと見る<<


1854年、パリに世界最初の旅行鞄店としてルイ・ヴィトンが開業しました。

 96年、世界で最初にモノグラム柄を用いたのはコピー商品の流出を防ぐためでした。L、Vと花と星を組み合わせた模様はジョルジョ・ヴィトンが考案し、フランスやヨーロッパの王侯貴族をはじめ、上流社会の人々に人気を博したといいます。

 1998年頃 からはモードに参入。コレクション用の服を運ぶ入れ物を作っていたブランドが、洋服作りを始めたと話題になったそうです。

 ルイヴィトンの服は機能的であり実用的です 普通に着られるデザインの服が多いのが特徴です、コレクションの時はモデルさんが新作のバッグを持って出てくるので有名です。

86年に発表された"エピ(麦の穂)"シリーズは発売後20年以上たっても根強い人気を得ているデザインの一つです。スポンサーになっている世界のヨットレース

"ルイ・ヴィトン・カップ"のスポンサーになった記念に作られたスーツケースは最新の高分子化学の成果として生まれた素材で作られています。


ヴィトンの財布やバッグをWebで購入する方法



>>ヴィトンの財布についてもっと見る<<


年齢を問わずに大人気のルイ・ヴィトンの財布やバッグですが。今や世界中でコピー商品が氾濫しています。最近のルイ・ヴィトンの財布やバッグの偽物はにせもの業者の技術が向上して素人ではなかなか判別出来ない場合が多々あるようです。

購入希望者の近くに直営店がない場合は、百貨店やネットショッピング、通販などで商品を入手する事がよいでしょう。

しかし、百貨店などでは品揃えの面では弱い部分もあり、品揃えにおいては老舗のネットショップ(ヤフーや楽天市場に出店)にはかないません。

ネットショッピングでルイ・ヴィトンをいかに手に入れるかのポイントは、ほぼ(店舗の見極めが肝心です)、 オークションサイトには個人と業者による出品があります。

オークションで購入する場合は中古の場合質屋やリサイクルショップより安く、購入出来るメリットがあります、Yahooショッピングや楽天市場、ビッダーズなどのモールに登録している店舗は厳正なチェック、審査の上、登録出店していますので安心して買い物が出来ます。海外から直接買い付けている店舗の場合、俗に言う『並行輸入品』が多く見受けられますが、決して偽物ではありません。ただし、専用箱、専用袋などが付属がない場合が多く見受けられますので納得の上、購入される事をおすすめします。

ヴィトンの財布・バッグの正しい手入れの仕方



>>ヴィトンの財布についてもっと見る<<


ルイ・ヴィトンの財布やバッグは柔軟性と防水性を兼ね備えたモノグラム・キャンバスや、ダミエの素材は、表面にPVC(塩化ビニール加工)コーティングが施されていますので強い耐久性を持っています。ルイ・ヴィトンの財布やバッグの普段の手入れ は日ごろのケアが一番大事です財布やバッグを使用した日は、使ったその日のうちにケアするのがベストです。汚れた場合は、柔らかめの布で、乾拭きもしくは少し湿らせてふき取ります。

モノグラム・キャンバスは、PVC加工以外の革部分は汚れや染みがどうしても発生してしまいます。汚れの防止策としては防水スプレーを均等に噴き付け、乾いたところで、柔らかめの布で、乾拭きしておきます。既に汚れが発生してしまった場合は、汚れを落とし栄養を与えるコロニル社製のレザーソープなどを柔らかい布にとり、均一に革部分、PVC加工部分に塗り広げ、やわらかい布で乾拭き仕上げを行ってください

Copyright © 2009 ルイヴィトン 財布口コミ情報

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

海外ドラマ